躁状態ってどんな状態なのか【鬱の状態とは反対に気分が高揚】

女性

自然治癒は望めない

激しい躁状態にある場合は入院治療が必要なものの、うつ状態と寛解期が長いのが一般的なので、ほとんどが通院治療で済みます。自然治癒は難しく、再発すると症状が重くなっていく傾向にあるため、早くに治療を行うことが大切です。

詳しく見る

ハート

病院選びの基準と費用

躁状態になった時の病院の選び方は、話をよく聞いてくれて、信頼のできる医師がいる病院を選ぶ事が大切です。また、躁状態の治療の費用の面では、国の制度などを上手に使って治療費をなるべく抑えることが重要です。

詳しく見る

医者

上手に疾患と付き合うには

気分が高まっている躁状態は双極性障害の症状のこともあるため注意を要します。またその場合は医師の助言の元で日常生活も気をつけて送る必要があります。躁状態は症状を抑える薬もあるので上手に疾患と付き合っていくことが可能です。

詳しく見る

カウンセリング

双極性障害になりやすい人

双極性障害は脳やゲノムなど身体的要因によるもので、精神的な要因は関係ないと考えられています。発症の原因は解明されていないものの、リチウムを服用することでうつ状態も躁状態も抑えられ、再発も予防できます。

詳しく見る

ハート

実績ある気分安定薬を

うつ状態と躁状態を抑えたり再発予防したりできるとして評価の高いリチウムは、イノシトールモノフォスファターゼの働きを抑える効果があることが判明しました。今後は副作用が抑えられた薬が発売されるかもしれません。

詳しく見る

気持が高揚する状態

ハートと聴診器

うつ病の様々な種類

病気にも色々な種類がありますが、心の不調で悩む人も少なくありません。心の病気、精神疾患と呼ばれる病気にも色々な種類がありますが、うつ病は特に代表的な存在です。気分の落ち込みや不安が長く続くことで知られていますが、気持ちの落ち込みだけではなく躁状態になる人もあります。躁状態の特徴も知っておきたいですが、これは鬱の状態とは反対に気分が高揚した状態を指します。気持ちも明るく爽快となり、様々なアイデアも出やすくなります。躁状態も軽いときは周囲も病気とは気づかず、少々浮かれている程度に見られることも少なくありません。悪化してくると何時間も話し続けたり、気持ちが大きくなって買い物やギャンブルで浪費をしたり、人にお金を上げてしまうなど普段とは違う行動が出る人もいます。睡眠時間も短くなりがちですが、それでいて平気で過ごせるのも特徴的です。陽気になるだけではなく、時には怒りっぽくなる、興奮しやすくなるなどの変化が出ることもあります。人に対して高圧的な態度を取ることも多く、対人関係でトラブルも起きすい傾向にあります。うつ病は気持ちが落ち込む病気として知られていますが、うつ病にも様々な種類がありますので、それぞれの症状に応じた治療を行うことが大切です。定型うつ病の場合は、不安や悲しみ、気分の落ち込みが長期に続くことが多く、特に朝はつらく夕方になると症状が軽くなる傾向にあります。そして、鬱状態だけではなく、躁状態が起こる場合もあります。鬱と躁状態が交互にあらわれる病気を躁うつ病や双極性障害と呼びます。気分の落ち込みだけではなく、逆に気分が高揚することも多く、いつもより多弁になったり、浪費を行ったりする傾向にあります。さらに非定型うつ病もあり、これは20代など若い世代に多い症状です。定型型のうつ病の場合は、気分の落ち込みが長く続きますが、非定型の場合は楽しいことがあると気分が明るくなるという特徴があります。定型うつ病が朝に気分が良くないことが多いのとは逆に非定型の場合は夕方から夜にかけて気分が悪くなる傾向にあります。この他では、仮面うつ病といわれる症状もあり、こちらは精神症状よりも倦怠感や頭痛、食欲不振など身体的な症状が強く出る傾向にあります。

Copyright© 2018 躁状態ってどんな状態なのか【鬱の状態とは反対に気分が高揚】 All Rights Reserved.