躁状態ってどんな状態なのか【鬱の状態とは反対に気分が高揚】

自然治癒は望めない

女性

入院が必要なこともある

双極?型障害の場合、周囲に迷惑をかけてしまったり自分自身を傷付けてしまったりする心配があるので、躁状態のときに入院治療が必要なことがあります。妄想が出るなど、重症の人は特に入院治療が望ましいです。家族にとっても躁状態を見守るのは簡単なことではないでしょう。精神病に抵抗感を抱く人も少なくありませんが、全員の健康を考えて最適な治療を選びます。双極性障害の発症原因は解明されていませんが、自然治癒することは考えにくく、ほとんどの場合うつ状態と躁状態を一生涯繰り返すといわれています。その波の頻度は個人差があり、寛解期という何でもない状態の時期もあるので、治ったと勘違いすることもしばしばあります。しかしいずれ再発し、そのときには以前より症状が重い可能性が高いです。リチウムなどの精神安定薬を飲むことでうつ状態や躁状態から抜け出し、寛解期を半永久的に延ばすことが可能です。重症になればなるほど入院の必要性が高まり社会生活が困難になるため、早めに病気の可能性に気付き、早く治療を開始することが重要です。激しい躁状態にある場合は、入院施設のある病院を受診してください。精神科は予約制にしているところが多いものの、緊急性がある場合はすぐに診てもらえるでしょう。双極性障害の診断は操作的診断基準を基に行われるため、精神科医であれば誰でも診断が可能です。それでも様々な精神障害の中から確定することは容易ではなく、途中で診断が変わることも珍しくありません。双極性障害の臨床経験が豊富な医師を選ぶことも大切です。双極性障害でよくあるのは、躁状態が過去にあったことを覚えていなくて、うつ状態と診断されることです。ですから、過去のことを振り返り、できるだけ症状を細かくメモしていくといいでしょう。本人にとっては大変なことかもしれないので、できるだけ家族も協力します。出ている症状や出現時期、以前にも同様の状態になったかなど、細かな情報があると診断の一助となります。ところで、社会人で入院するとなると、会社に休職することを伝えなければいけません。就業規則に診断書の提出義務が記載されていれば、医師に診断書を作成してもらいます。また、傷病手当金などの支給手続きを取る際も必要です。

Copyright© 2018 躁状態ってどんな状態なのか【鬱の状態とは反対に気分が高揚】 All Rights Reserved.